>

授業料以外にかかる費用とは

忘れてはいけない受験費や初年度学費

ここまで、大学受験前に必要な塾の平均費用、そして大学の学費についてみてきましたが、その他にも払う事になるのが大学受験料ですよね。
例えば東京歯科大学の場合、センター利用入試受験料は25,000円、一般入試受験料は4万円となっています。
日本歯科大学の場合はセンター利用入試受験料は20,000円、一般入試受験料は4万円となり、金額はほぼ同じで、どちらの大学もセンターと一般の両方を受けると割引があるようです。

また、大学へ入学後、すぐに必要となるのが納入金と呼ばれる、大学1年目の学費。
国立大学の初年度納入金は82万円、公立の場合は先にも述べましたが福岡にしかなく、福岡県内、県外で金額が異なります。
6年間の学費を割る6した分、毎年払えばよいのではなく、それより大きな額が初年度に必要となりますから注意が必要です。

その他必要となる費用

これまでふれてきた費用以外にも、まだかかる費用はあります。
大学受験と大学の初年度分学費の間にある、入学費。
日本歯科大学の場合これが6万円します。
また、教育充実費なるものがあり、これが365,000円、そして施設維持費が30万円、これ以外にも学生総合保険料に1万円払うことになります。
さらには学生会入会金が2,000円、学生会会費に年間15,000円と、費用のオンパレードです。
最終的に歯科医師になるには国家資格が必要となりますが、その受験手数料が18,900円。
これまでの費用をみていると、これが安いという錯覚にも陥りそうですが、これだけでなく登録免許税に60,000円払わなくてはなりません。
しかも、一発合格の保証はありませんから、当然、試験に落ちれば落ちただけ費用はかさんでいきます。


この記事をシェアする