>

歯科医師を目指す人にかかる費用

歯医者の仕事

歯科医師という職業、実は4つの種類に分ける事ができます。
それは、歯科、小児歯科、矯正歯科、そして歯科口腔外科。
歯科はおそらく一般的に皆さんがイメージする歯医者だと思われます。
虫歯が無いか診てあれば詰め物をしたりする歯科医師です。
また、歯石をとったり、学校での歯磨き指導をしたりもします。
次に小児歯科は、文字通り、子供を専門的に診る歯科医師で、歯並びや歯の入れかわりについての相談を受けたりもするようです。
そして矯正歯科もその名の通り、歯並びの矯正をする歯科医師です。
最後に歯科口腔外科ですが、これは歯だけでなく、口の中や舌、顎などを専門としています。
歯医者といってもこんなに専門が分かれるのですね。
目指す前に自分はどの分野に興味があるのか、調べてみるとよいかもしれません。

歯科医師に関わる仕事

歯に関わる仕事はたくさんあります。
例えば歯科衛生士や歯科助手という職種の人たちを歯医者では見かけますよね。
歯科衛生士は国家資格を持ち、歯の治療を行ったりすることができるので歯科医師の補助として働いています。
歯科助手は受け付けなどの事務をする人たちのことで、これに特定の資格は必要ではありませんが、たいていの人は専門学校で歯の勉強を終えてから就職するようです。
また、我々が歯医者で直接会うことはありませんが、歯科技工士という職種の人達が私たちの銀歯などの詰め物や入れ歯を作ってくれています。
その他にはあまり知られていませんが、歯学研究者とよばれる人たちがいて、歯や口腔の病気などについての研究や分析を行っています。


この記事をシェアする